渋谷駅徒歩8分 表参道駅徒歩6分

青山審美会歯科矯正クリニック

裏側矯正(舌側矯正) なら、他人に知られずに歯列矯正治療が可能です。

舌側矯正(裏側矯正)

裏側矯正 装置装着

歯の裏側に装置をつけて矯正する舌側矯正は、装置が表側から見えないため、審美性がありながら年齢や症例を選ばない優れた矯正方法です。
特に仕事をしている成人の方に人気があります。当院では、約9割が舌側矯正の患者様です。

★基本的にどんな歯並びでも矯正可能

基本的に表側矯正で治療できる症例は全て、裏側矯正でも治療可能です。ご相談は無料ですので、どんな歯並びでもまずはお気軽に無料カウンセリングをご利用ください。

★裏側矯正にかかる期間は、表側とほぼ同じ!

裏側矯正は時間がかかると思われがちですが、きちんとした技術と知識のある医師が治療に当たると表側矯正と同じ期間、症例によっては表側より早く終了するケースもあります。

舌側矯正(裏側矯正)+ セラミック矯正

裏側矯正 装置装着

片顎が舌側矯正、片顎が表側に透明な装置をつけるセラミック矯正になります。 その分費用は安くなりますが、片顎の装置が見えてしまうのが欠点です。

セラミック矯正

裏側矯正 装置装着

表側にセラミックの装置をつけるセラミック矯正です。 費用は安いですが、装置が見えること、装置の分唇が盛り上がってしまうデメリットがあります。

舌側矯正(裏側矯正)の取り付けについて

裏側矯正には、歯の並び方の状態や患者さんの希望によっては様々な取り付け方があります。

部分矯正

裏側矯正 装置装着

歯全体に矯正装置をつけるのではなく、部分的に装置をつける矯正方法です。矯正期間が短く、費用も全体矯正の1/3程になります。

部分矯正について詳しく ≫

片顎の矯正

裏側矯正 装置装着

上顎だけまたは下顎だけに矯正装置をつける方法です。上顎だけに限定した治療を希望する方や部分矯正では治せない場合におすすめです

全体矯正

裏側矯正 装置装着

部分的な矯正では治せない場合になります。全体的に歯並びをきれいに整えます。裏側に着けた装置はもちろん表からは見えません。

舌側矯正(裏側矯正)のメリット・デメリット

メリット

「舌側矯正」のいちばんのメリットは、審美性にすぐれているということです。矯正治療では装置を長期間装着するのはしかたないことですが、少なくとも「舌側矯正」なら、矯正していることが外から見えません。 それが患者さんの心理的なストレスを軽減し、矯正治療を前向きに捉えられるようになってきたのです。
前向きに矯正治療を考えるようになれば、治療に対する心構えも違ってきます。矯正治療は、患者さんが毎日の生活のなかで行うものですから、患者さん自身が積極的に取り組むようでないとうまくいかないのです。 「舌側矯正」はこのように審美性が最大のメリットですが、それ以外にも、スポーツをする方や演奏する方にも好都合というメリットがあります。
歯の表側に矯正装置をつける唇側矯正では、何かにぶつかったり強い衝撃を受けると、ケガをしやすいため、事故やケガが起こりやすいスポーツの世界では、舌側矯正のほうがより安全です。 またフルートやオーボエ、トランペットなどの演奏楽器を演奏する場合も舌側矯正なら邪魔になりません。 

デメリット

装置をつけることで、発音しにくくなります。発音するときに、上下の前歯に舌があたるような場合、上側発音が不明瞭になります。
しかし、この発音障害も、個人差はありますが、平均すると3~4週間でかなり順応してきます。
当院でも舌側装置を取り付けた患者さんの9割以上が、装着後約1か月でふつうに発音できるようになったといいます。
また、歯が磨きにくいことがあげられます。歯の裏側は元々磨きにくいところですが、舌側装置がついているとよけい磨きにくくなり、プラークコントロールがしにくくなります。
そこで歯肉炎や歯周病など、歯ぐきの病気が発生しやすくなるのです。
この点については、装置装着後、時間をかけてブラッシング指導を行っています。

気になる症例から探す

電話番号03-3409-3849 営業時間10:00~19:00 木/日祝休診

ページトップへ▲