渋谷駅徒歩8分 表参道駅徒歩6分

青山審美会歯科矯正クリニック

過蓋咬合(かがい咬合)の治療例

過蓋咬合(かがい咬合)の矯正前と矯正後

過蓋咬合の矯正の治療前と治療後  過蓋咬合の矯正の治療前と治療後

過蓋咬合とは

噛み合わせが深く、前から見ると下顎の前歯が見えない状態をいいます。
正常な噛み合わせでは、上の前歯が下の前歯の3分の1から4分の1を覆っていますが、過蓋咬合の噛み合わせでは、これよりも著しく深く覆う噛みあわせになっています。

過蓋咬合は裏側矯正(舌側矯正)で治療することが可能です。

過蓋咬合の症例

過蓋咬合でお悩みの患者様を裏側からの舌側矯正で治療しました。

開過蓋咬合咬の矯正の治療前と治療後 裏側矯正にて治療

過蓋咬合の治療法

矯正治療で大部分の症例が治ります。

歯の裏側から矯正する過蓋咬合の場合、歯の裏側に装着した装置が、下の前歯にぶつかって矯正治療できないのでは?とご質問を受けますが 舌側矯正の場合、歯の裏側と下の前歯にぶつかる事を前提に装置は作られています 。
過蓋咬合の中には、下の歯が全く見えないくらいに噛み合わせの深い症例がありますが、このような症例において、舌側矯正の装置の機能として、この深い噛み合わせの改善が非常に効果的に出来るため、 外側の矯正に比べて短期間で良好な出っ歯の矯正が可能です。

気になる症例から探す

電話番号03-3409-3849 営業時間10:00~19:00 木/日祝休診

ページトップへ▲