渋谷駅徒歩8分 表参道駅徒歩6分

青山審美会歯科矯正クリニック

受け口・反対咬合・下顎前突・しゃくれの治療例

受け口(反対咬合)の矯正前と矯正後

受け口(反対咬合)の矯正の治療前と治療後  受け口(反対咬合)の矯正の治療前と治療後

受け口(反対咬合)とは

前歯は、普通は上が外側、下が内側になって噛み合わせるようになっていますが、これが反対になっている状態を、受け口(反対咬合)といいます。

受け口(反対咬合)には、下顎の過度な成長や上顎の成長不十分による骨格性のものと、上の歯が後方に傾斜したり下の前歯が前方に突出している歯性のものがあります。

受け口(反対咬合)は裏側矯正(舌側矯正)で治療することが可能です。

受け口(反対咬合)の症例

ケース1:反対咬合の患者様です。裏側からの舌側矯正で治療しました。

受け口(反対咬合)の矯正の治療前と治療後 裏側矯正にて治療

ケース2:【部分矯正】反対咬合・叢生を部分矯正で治療した患者様の症例です。治療期間は短く費用も全体矯正より低くなりました。

受け口(反対咬合)の矯正の治療前と治療後 裏側矯正にて治療

受け口(反対咬合)の治療法

矯正治療で大部分の症例が治ります。
上顎が小さく、上顎の前歯が内側に入っている場合には、奥歯(小臼歯)を抜く必要が無く、前歯を広げる(拡大する)だけで治りますが、 下顎が出ている場合には、下顎の奥歯(小臼歯)を抜くことによって下顎の前歯を内側に引っ込める歯列矯正で大部分の症例が治ります。
ただし、例外的に、下顎のサイズが矯正の範囲を超えて大きい場合には、 外科手術によって下顎のサイズを小さくするケースがあります。

気になる症例から探す

電話番号03-3409-3849 営業時間10:00~19:00 木/日祝休診

ページトップへ▲